看護部ブログ
医療法人 渓仁会 手稲渓仁会病院 看護部

2018年08月13日

遺伝看護専門看護師(CNS)を目指して

私は、今年度4月から
慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 修士課程で、
2017年度に新設された遺伝看護専門看護師(CNS)を目指し、
遺伝看護を学んでおります
上司との面談、手探りの受験勉強・準備などを経て、
「長い人生のうち、2年間頑張ってみよう」という思いで
進学を決意しました
経済面に関しては、当院での「留学制度」を利用させていただきました

s-IMG_20180806_122149.jpg

晴れて入学した訳ですが、CNSプログラムという特徴から、
新しい知識だけではなく、実践にむけた病態の知識や臨床推論、
アセスメントなどの授業があります
新たな知識だけではなく、これまで培ってきたものや、
実践で積み重ねてきたものが間違っていなかった、
という確認をすることもでき、
また、遺伝看護CNSプログラムは、私を含めて2名の学生が入学
したのですが、同志″がいることで、
本当に楽しく学ばせてもらっています
大学院は学ぶ場であり、学びなおしの場でもあり、人と人とをつなぐ、
つながりの場でもあります

s-_20180806_151828.jpg

こうして、新たな出会いで、大切な仲間にも恵まれました。
まだまだ始まったばかりですが、
進学を後押ししてくれた上司、同僚、事務方のみなさま、
見守ってくれている家族に感謝の気持ちでいっぱいです
卒業することがアウトカムではないので、
その後の役割を果たせるようお世話になった方々、
そして何よりも遺伝看護を必要としている
患者さんやご家族の方々に還元できるよう
精進してまいりたいと思います。
入学前に、部長から「失敗しておいで。」と、
背中を押していただきました。
もし、進学や自分のアップデートを迷っている方がいましたら、
失敗も楽しみながら、是非とも一緒に学びましょう

posted by 看護部 at 11:04 | 北海道 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

七夕祭りをしました


こんにちはF7病棟小児センターです
8月3日にF7病棟プレイルームで、
入院中の子供達とそのご家族、医療スタッフでミニ縁日をしました。
内容は、綿あめ、かき氷、わなげ、おもちゃすくい、ヨーヨー釣りです。

当日の様子を写真と共にご紹介します

s-CIMG6824.jpg
プレイルームに行けなかった子も、お部屋で参加
七夕にかけた思いは負けていません。「とったよー」

s-CIMG6835.jpg
母が見守る中、ヨーヨーをしっかりキャッチしました

s-CIMG6836.jpg
よく狙って、よく狙って
この後エルモのバックに入りました。

s-CIMG6847.jpg
一生懸命つり上げました
成功した後は満面のこの笑顔!!

s-CIMG6850.jpg
「水かけても良い?」この後、全力で水遊び

s-CIMG6856.jpg
参加できなかったこども達にはおもちゃやかき氷を配達しました


治療を頑張っている子ども達やそれを支える家族がミニ縁日で夏らしさを感じつつ
楽しい時間を過ごし、笑顔いっぱいのイベントになりました
入院環境の中でも遊びの機会を大切にしながらその子らしく過ごせるよう、
そして季節の行事を経験し成長発達の助けとなるよう
保育士・チャイルドスペシャリスト・リハビリスタッフ・医師などの多職種で
協力しながら支援しています
七夕祭りに協力してくださったご家族、ボランティアの皆さん
どうもありがとうございました
posted by 看護部 at 09:21 | 北海道 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

A西7病棟(消化器外科病棟)です

こんにちは、A西7病棟(消化器外科病棟)です

あつ〜〜〜い、夏がやっと来ましたね
私たちA西7病棟(消化器外科病棟)は、
このあつ〜〜〜い夏を乗り越えるために、
一致団結してがんばっています

s-22.jpg s-33.jpg


今年は、新しく3名の新人さんがA西7病棟の仲間入りをしました
入職して、3か月目ですが、
『素敵な看護師さんになりたい』という夢を忘れず、
『忙しいけれど皆で協力して頑張れる病棟』と、
日々真剣な眼差しで頑張っています。

晴れて先輩となった2年生の皆さんは
『あーーーっというまに1年が過ぎて、かわいい後輩ができました。
後輩たちに頼られるようにますます頑張ります!!』
と、こちらも日々汗を流しながら奮闘しています

s-11.jpg


A西7病棟は手術を受ける患者さんが多く入院していますが、
周術期看護だけではなく、高齢者ケア、エンド・オブ・ライフケア、
退院後の患者さんのお宅に退院後訪問に伺うなど、
さまざまな看護を大切にしています
これからも、スタッフ皆で明るく楽しく看護を実践していきたいと思います
posted by 看護部 at 09:47 | 北海道 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright ©2000- Keijinkai Group. All Rights Reserved.